企業経営の要!資金調達とは

企業経営者の悩みの種、資金調達の考え方。

資金調達は常につきまとう

まずは、資金調達の基本ともいえる出資と融資について覚えておきましょう。 よく似た単語ですが、意味も制度も全然違います。 出資は企業の拡大のために今持てる業績でアピールするのに対して、 融資は企業の運用安定のための初期費用で使われることが多いです。 違いを正しく覚えておきましょう。

続きを読む

出資と融資の特徴

最近では起業することも敷居が低くなってきました。
個人で起業することも今では難しくなくなってきています。

そもそも、働くというスタイル自体が最近になって大きく変わり始めています。
ネットの力をフル活用して社員全員が在宅ワーカーで構成されている企業の話を聞いたことがあります。
動画共有サイトで活躍する一人の動画投稿者が起業してチャンネルの収益で食べていくというパターンも聞きました。
SNSを利用した広告費の削減、むしろ通常広告費をはるかに超える効果を得てしまうというケースもありました。
物理的な物を省くことで、かつて必要だった初期費用や必要経費というものが必ずしも必要とは限らなくなっているのです。

企業を動かす人は常に創意工夫をし、他の人が考えないアイデアというものを持って行動しているのだと思います。
型に縛られないことで、起業には金がかかるという常識を打ち破ってきた先人は今では多くいます。

しかし、それでも資金が全く必要ないということはあり得ないことです。
企業経営者には資金調達という難問が常に待ち構えています。

日々、企業経営者はどのようにして一定の資金を得るか考え続けなければなりません。

やはり、企業として成功を収めるためには、資金調達法についても企業特有のアイデアが必要になってくるでしょう。

しかし、企業を維持するための基本的な資金調達には定石があります。
基本的にどの経営者でも利用できる手段なので、覚えておいて損はありません。
今回は、基本となる資金調達の方法についていくつか紹介していきたいと思います。

おすすめリンク

理想的な融資のタイミング

融資や出資は実際受けられるかどうかというのはタイミングによっても決まってきます。 例えば、業績不振の状態で出資や融資をお願いしても断られる可能性が出てきます。 出資や融資には審査の印象が良くなるタイミングというものがあるのです。 それを見逃さずに資金調達することが重要です。

続きを読む

その他の資金調達法

一般的に出資と融資は身近であり強力な資金調達方法です。 しかし、単純に資金を得ることだけが調達方法ではありません。 得られた資金をどのように使うかによっても資金調達は可能なのです。 ここでは工夫によって資金調達を行う方法について触れていこうかと思います。

続きを読む