企業経営者の悩みの種、資金調達の考え方。

>

理想的な融資のタイミング

融資は起業時が最高のタイミング

人にお金を貸すときに、返せる目処を感じる人と、目処を感じない人、どちらに貸したいでしょうか?
当然ながら返せる目処を感じる人でしょう。
これは企業融資にも同じことが言えます。
融資を受けるためにはある程度の企業の実績が必要なのが普通です。
しかし、実際問題企業が業績を上げるためにはそれなりの期間が必要になります。
軌道に乗るまでが大変な企業当初なのですが、その頃に業績がなく融資が受けにくいというのは皮肉な話です。
しかし、諦めるのはまだ早い。
実は、どの企業にも等しく融資を受けやすいタイミングがあるのです。

それは、起業時。

要するに、業績がないのが当然な状態なら、期待も信頼もマイナスではありません。
どの起業家も等しくゼロの状態であり、全員に融資のチャンスが与えられるのです。

様々な起業時融資

起業時の融資制度はかなり整っています。

若年者や女性、シニア起業家を支援するための融資制度。
農林水産を中心に支援する融資制度。
災害時の特殊な融資制度。
セーフティネットという急激に資金繰りが困った場合の融資制度。

などなど、起業時の融資は多種多様に存在しています。
一度どのような融資が受けられるか相談してみると良いかもしれません。

様々な種類のある融資制度の中で、より良い融資を選ぶ基本的な決め手は融資限度額と融資期間だと思います。
限度額が十分であるか、融資期間が可能な限り長いものであるかがカギです。
ただ、いくら借りれるからといっても、むやみに借りると後々資金繰りに困るため、必要分以上の融資は受けない方がよいでしょう。


この記事をシェアする